HB-101 使用方法 ベランダガーデニング

HB-101を植木鉢やプランターで使うには?

ベランダや少し小さい庭で植物を育てていたり、玄関の軒先に植木鉢を置いて植物で彩っているご家庭って多いですよね。

 

植物が少しでもあると家が華やいで見えたり、気分が安らいだりといい気持で毎日を過ごすことができると思います。

 

そんな方たちにとって元気で綺麗な植物を育てることはとても大切で、絶対に失敗したくないものではないでしょうか?間違っても枯らしたり、みすぼらしい花に育ってほしくはないですよね。せっかく育てるなら綺麗に元気に育てたい!!

 

そこで活躍してくれるのがHB-101なのですが、いかんせん公式サイトを見ても家の植木鉢やプランターだとどの程度使用したらよいのかわかりずらい部分があります。

 

「土づくりや坪単位で説明されてもピンとこない・・・。」

 

なんて人も結構多いのではないでしょうか?そんな方たちのために、本ページではベランダガーデニングで植木鉢やプランターを使って育てている場合にどのように使ったらよいか?というテーマで情報をまとめてみました。

濃縮は1,000倍〜10,000倍程度で

公式サイトにもあるようにHB-101は1,000倍〜100,000倍程度に薄めて使うようにとあります。

 

濃縮の度合いとしては正しいのですが、実際1,000倍と100,000倍では結構な差があるように思えますよね?

 

では実際にHB-101を使っている人たちはどのぐらいに濃縮しているのか?聞くところによると多くの方が1,000倍濃縮で使っているようです。

 

植木鉢やプランターの場合、1,000倍ぐらいの濃縮で水をやるとちょうど良いぐらいの効果が出て1か月程度経つ頃には元気に緑の葉っぱをつけるそうですよ。1,000倍濃縮なので、2リットルのペットボトルを使って水をやる場合、2ccだけ入れればよいです。2ccは4滴もあれば十分な量を満たすことができます。

 

基本的に観賞用の植物なら同じぐらいの濃度で十分なのでは?というのが皆さんの意見ですね。

 

HB-101,HB101,HB-101 フローラ,HB-101 使用方法,HB-101 ベランダガーデニング,HB-101 植木鉢,HB-101 ペットボトル

使い過ぎは逆効果?

HB-101を使われている方は大体週に1回〜2回使って水やりをしているそうです。週に1〜2回の頻度で使えば1か月後には元気な緑色の葉っぱを付けて育ってくれるそうで、十分な効果を発揮してくれるそうですよ。

 

では、もっと頻度が多ければもっと育つのでは?と思ってやってみた方もいるそうですが、これは残念ながら逆効果だったそうです。

 

葉っぱが成長し過ぎて、栄養が先までいきわたっていない状態になってしまったんですね。

 

ですので、毎日使えばいいというわけではなく、頻度を守って使うようにしましょうね。何事も適正なタイミングというものがありますよ。

 

HB-101の販売窓口はコチラ


 
トップページ フローラHB-101について HB-101の使用方法 HB-101 Q&A