HB-101 成分

HB-101は天然物からできている

HB-101はこれだけ売り出されているけど実際に使う上では安全なの?

 

そう思う人も少なくないと思います。では、実際どのような成分で作られているのでしょうか?

 

HB-101はスギ、桧、松、オオバコから抽出された物質によって天然植物活力液として作られています。

 

HB-101自体も減農薬栽培、有機栽培にピッタリと言われているため、少なくとも農薬のように危険な成分は入っていなさそうです。天然物からできていることもあり、有害物質は含まないというのも特徴の一つですね。

 

実際にスギ、桧、松、オオバコの天然エキスを抽出して作られているため、自然界の栄養そのものという見方もあります。樹液のようなイメージをしてみるとわかりやすいかもしれません。健康的な木々から作られた植物活性液なので安心して使うことができるのではないでしょうか。

配合成分は何が入っているのか?

では、実際に配合成分としては何が含まれているのか見ていきたいと思います。

 

まずは一般分析から。

成分

分析値

粗タンパク質

0.1%
粗脂肪 0.4%
粗灰分 微量
糖質 0%
粗繊維 0%

 

あくまで植物用の成分なので「粗」がつくんですね。
粗タンパク質や粗脂質を含んでいますが、有害に見えるものは含んでいないですね。

 

 

次に無機質の分析です。

成分

分析値

ナトリウム 41mg/L
カルシウム 33mg/L
1.8mg/L
マグネシウム 3.3mg/L
ケイ素 7.4mg/L
窒素 97mg/L
カドミウム 不検出
ヒ素 不検出

 

カドミウムやヒ素を含むと有害物質ですが、それらは含んでいないようです。最近話題のケイ素を含んでいるので、体にも良いのでは?という噂も立っています。

 

最後に水素イオン濃度を見てみましょう。

HB-101原液 酸性 ph3.5〜4後
1,000倍液 弱酸性 ph6.5前後

 

基本的に1,000倍以上に希釈してつかうため、弱酸性ですね。お肌にも優しそうですよね。

 

 

成分としては安心して使えるHB-101

上記で述べたように成分としては安心して使えるのがHB-101の特徴ではないでしょうか?

 

思った以上に人体にも安全だと思いますので、使っているときに目に入ったり手にかかったりしてもあわてる必要もありませんね。ただし、やはり綺麗に洗う必要はあります。

 

噂では水に入れて自分で飲む人もいるとか!?

 

実際には人が飲む用のサプリメントをフローラ株式会社は販売していますので、そちらを使いましょうね。

 

HB-101は植物に使って元気に育てましょう。

 

HB-101の購入はコチラ

関連ページ

HB-101とは?
フローラのHB-101についてまとめました。HB-101の効果や使用した方の口コミについてお伝えしていきます。
HB-101の購入はコチラ
フローラのHB-101の購入窓口はコチラからお越しください。直営サイトへ最短でご案内します。
HB-101の特徴
フローラのHB-101の特徴についてまとめてみました。HB-101は化学物質を使用していない天然植物活性剤なので、農家の方も安心して使用できます。
HB-101の価格は?
フローラHB-101の価格についてまとめています。ネットでは高価なものというイメージが強いのですが、実際にはピンキリですのでしっかり確かめてみてください。

 
トップページ フローラHB-101について HB-101の使用方法 HB-101 Q&A